季節の薬膳講座が始まります☆
〜四季の移ろいを味わいながら暮らしてみませんか〜

公開日: 2017年4月26日水曜日 日々のこと 薬膳レッスンと資格 暦のお話



今日はふたご座の新月☆
ついにアクションを起こします!

ず〜とやりたかった「季節の薬膳講座」を開講することになりました!

まだ日程は未定ですが、5月下旬ごろに「夏の薬膳」から始めてみようと思います。

形式としては春・夏・秋・冬・土用の5回コース or 1回完結の講座を選べます。

内容としては体質を基に二十四節気による養生法と薬膳、旬の食材が学べます。

できれば季節の薬膳調理実習も合わせて、和気あいあいとランチまでできればと思っています。

※スカイプの場合は薬膳調理実習なしとなります。

また詳細が決まり次第、こちらでお知らせ致します。


++++  ++++  ++++



このブログでも二十四節気(にじゅうしせっき)の薬膳と養生法はお伝えしてきましたが、「季節の薬膳講座」はもっと一歩踏み込んだ内容となっています。

どう踏み込んだかというと、気・血・水の基本体質を理解した上で季節の移ろいで体調を調えていくことができるという内容になっています。

私たち人間は、季節の移ろいに合わせて旬の食べものをいただき、季節に合った養生法を行っていれば健康を保てるとされています。



しかし、みなさんそれぞれ「体質」があるんです。
カラダが不調になりやすいクセみたいなものです。
なので周りは平気なのに自分だけ体調不調になったり、感情的になったり・・・。


今までも生徒さんにさんざん言ってきましたが、気・血・水の基本体質に触れずに旬のものを食べればよい、という講座や本が多く存在します。

しかし現代はどこにいっても冷暖房が完備され、冬なのに氷入りのお冷が出てきたり・・・夏に冷えて冬にのぼせるという、逆転反応が起きています。

まずは自身の体質を知ることにより、どの季節に不調になりやすく、どの季節に体調がいいいかということが感覚的に分かるようになってくるんです。
体質を知る講座の日程はこちら→

自然界の「気」は自身の「気(生命力)」とリンクしています。
自身の気が調えば、自ずと自然界と同調できるということです。


ただ

家族に旬のものを味わってほしい
体調管理はできているので、 自然を楽しみながら過ごしたい
中医学の気・血・水の勉強と合わせて知りたい

このような方に向けての講座内容となっています。




《二十四節気について》

すごく簡単にいえば太陽の位置から見た現在地はどこになるのか、ということです。
つまり季節の影響をどのように受け、それに合わせてどのように過ごすかという養生法になります。

図でも分かるとおり、春分と秋分がもっとも近くに存在しています。
これは陰(夜)と陽(昼)がちょうど半々、中庸(バランスがもっともよい日)とされています。

私たちのカラダも心も、この「ちょうどよいバランス」に調った状態が健康とされています。

ちなみによく旧暦と二十四節気の違いを聞かれます。

旧暦は新月から始まります。「月の動き」であり内面、つまり「心」の影響を大きく受けます。

二十四節気は一年を24分割したものです。「太陽の動き」であり体、つまり体そのものや行動」の影響を大きく受けます。




おすすめ本はこちら。

イラストがとてもキレイで、ページを開くたびにワクワクする・・・
そんな本です。



++++  ++++  ++++


ではでは。

今日は「おうち起業!引き寄せ講座」です。
しっかりとアウトプットワークをして、みなさんの気づきになればと思います。

今日も読んでいただき、ありがとうございます♡





  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A